FC2ブログ




4000 LTD Di2 平松弘道選手レース参戦報告 ~3/18(日)IRONMAN70.3シンガポール~

3月18日(日)に行われましたIRONMAN70.3シンガポールに、バイクは4000 LTD Di2 Carbon/Orange 52.5cm
でプロカテゴリーに出場しました「平松 弘道」選手からレース参戦報告を頂きましたので、ご報告致します。

20x30-SDBA0589_convert_20120323161402.jpeg

<IRONMAN70.3 SINGAPORE>

大会名:AVIVA IRONMAN70.3 SINGAPORE
開催地:East coast park ,Singapore
日時:2012年3月18日(日)
気温:35度
天候:晴れ
レース距離:Swim 1.9km Bike 90km Run 21km(ND)
使用機材:KESTRREL4000LTD(バイクフレームセット)
     PROFILE DESIGHN PROSVET(ハンドル)
     PROFILE DESIGHN T2COBRA(DHバー)
     PROFILE DESIGHN カーボンボトルゲージ
     Panaracer AEGIS(タイヤ)
     SUUNTO t6c(スポーツウォッチ・心拍計)
LAS CRONOMETORO(TTヘルメット)
     MAYSTORM Original (サンバイザー)
     SMITH PIVLOCK90(サングラス)
     Blueseventy(ユニフォーム)
     Blueseventy (スイムゴーグル)

大会結果:優勝 Josh Amberger (オーストラリア)3:54:49
     2位 Denis VASIEV(ロシア)3:59:25
     3位 Dylan Mcniece(ニュージーランド)4:00:51
     7位 平松弘道(SUNNY FISH)4:12:05

<大会目標>
IRONMANシリーズにプロ初参戦となる。昨年の台湾、プーケットのレースには体調不良で出場できなかったので、70.3世界選手権へのポイント獲得は不利な状況だが、あくまでも70.3世界選手権に向けてのポイントを積み重ねていきたい。目標はトップ10、スイムからレースに乗って強化してきたバイクでどれだけ走れるか、宮古島のシュミレーションレースとして積極的なレースをする。

<Swim 1.9km 27 :32 (13 ) PRO10位>
ITU51.5kmで一緒にレースをしていた選手がちらほら、ショートITU組が多くいる模様。スイムから速い展開になることは容易に予想できた。ビーチスタートは、スターターの動きを見て一番にスタートを切ることができた。170m先の第1ブイには、抜け出した4人のあと、第2集団でクリア。高心拍で乳酸が発生していることがわかっていたが、勝負所だと思って必死に第2集団で泳ぐ。950mで一度上陸、ここで実力差が出てしまい、集団からこぼれてしまう。その後も2人の外国人選手とバトルを繰り返しながら、10位でスイムアップ。先には第2集団の選手も見えていて、いい泳ぎができたと気持ちが高揚した。

<Bike 90m 2:16:27(27) PRO11位>
スイムで一緒だった外国人選手をトランジットで交わしたものの、序盤で追いつかれ、パックになる。コースは基本的に平坦の30kmを3周回だが、ところどころに急カーブや折り返しがあり、周回遅れのエイジグループが入ってくる後半になると、混雑して集中力が必要だった。心拍は170を目安に走っていたが、160台に落ち着き、落車や給水ミスなどないよう慎重に走った。今シーズンより乗っているKESTREL4000LTDは立ち上がりの軽さが、こうした変化のシーンにはありがたかった。レースの流れを逃さない。そのままパックの大きな変動はなく、トップ10が狙える位置でランスタートできると思った。スタミナの不安はなく、宮古島だと後もう2周か、いけるかな?とも思えるような感覚だった。これも、フレーム形状によりダメージの軽減があるかと思う。足が残っている感覚があった。

<Run 21km 1:25:20(07) PRO4位>
ランには自信があったが、前を行く外国人選手が速い。心拍は170で押して行ったのだが、4分ペース。前の選手が速いので自分が遅いのかと錯覚してしまったが、すれ違う選手を見る限り、悪くないペースだ。その選手は結局ランラップ1位で5位に食い込んだ。すれ違う位置は近くなっているけれども、依然として11位あたりを走っている。厳しいかと思っていたが、14kmを過ぎて前をいく選手がどんどんペースダウンしていった。最後は6位の選手が見える位置まで来たが、そこまでだった。7位でフィニッシュ。暑さもあったが、高速コースのバイクパートで足を使いすぎて後半失速という外国人が多かった。やはりKESTREL4000LTDはランが走れるフレームだ。

<反省>
宮古島大会に向けて練習量を落とさず臨んだこの大会で、予想を上回る順位を獲得できて嬉しい。この結果を受けて240ポイントを獲得、70.3ランキングは160位となった。同じようなレースを重ねれば、70.3世界選手権も出場するチャンスがくると自信になった。また、宮古島は、これより速いバイクの展開にはならないだろうと思っている。このペースで155kmを乗り切って、先頭グループでランスタートをしたい。そうすれば優勝が見えてくる。また、外国人選手と比べてまだまだ体重が足りない。今オフは63kgから68kgにウエイトアップしてきたが、75kgは欲しいと感じた。引き続き、体つくりをしながら練習していきます。次は、4月1日カーフマンチャンピオンシップを経て、15日宮古島大会です。




[ 2012/03/23 16:17 ] ケストレルユーザーの声 | TB(1) | CM(0)

TALON ~サポートライダー稲 寛彰選手 インプレッション~

KESTRELのサポートライダーとして、活躍して頂いている稲 寛彰選手より、2012年 TALON Carbon/Blueの
インプレッションになります。
TALON CB


TALONの購入をお考えの方には、ぜひご参考にして頂ければと思います。
TALONのモデル展開としましては、

TALON TRI 105 Carbon/White 完成車  ¥241,500 ⇒ 詳細
TALON ROAD 105 Carbon/White 完成車 ¥241,500 ⇒ 詳細
TALON Carbon/Blue フレームセット   ¥178,500 ⇒ 詳細

フレームの素材は、全て同じでカラーのみ完成車とフレームセット売りで違います。

「This is hard.」
エントリーライダーからエリートライダーまでの要求を満たす
万能バイクフレーム
ロードバイクとしてTT/トライアスロンバイクとして使い回しが効く


特徴

1. 高速域のスピードが維持しやすい(安定感が高い)。
2. フレームのフロント・トライアングルがモノコックのワンピース構造と言うこともあり、衝撃吸収においては、フレームが一枚の板で吸収しているような感じがあり、路面の粗い道でも衝撃を吸収しながらしっかりと推進力を維持できる。
3. 時速40KMあたりの領域では、個人的計測と感覚から、ワット数を3-4%節約できると感じている。
4. エアロ加工された極太のダウンチューブとBB周辺の剛性の高さから、中速域からスプリント時の最大速度域にもって行く際に踏み負けない剛性感がある。
5. フロントフォークの剛性は十分確保されており、ハンドリングには安定感がある。
6. フレームのジオメトリーからか、深い前傾姿勢を維持しやすい。自然とドロップハンドルの下を握った姿勢をとりたくなる。
7. トライアスロンにおいては、ドラフティングOKのエリートレースから、単独走TTのロングディスタンスのレースまで幅広く対応できるスペックを持っている。
8. ロードバイクとしては、アタックで集団から抜け出し、単独で逃げ切り、もしくは逃げ出した小集団でのスプリントになるような展開のレースに最適。
9. 適度な衝撃吸収姓を持ちながら推進力を失わない特性から、石畳のような、荒れた路面でのレースで性能を発揮できる。
10. フレームの構造が超エアロであるが、取り扱いやすさは通常のロードバイクと同等。
11. 何といってもこのプライスでこの性能はバリュー価値が高い。フレームコストを抑えることで、他のパーツに投資することが可能となり、トータルとしてさらに性能の高いバイクに仕上げることが出来る。


今回、Fuji SST1.0(2010年モデル)からTalon(2012年モデル)へパーツ(シマノのデュラエース、デダのハンドルとステム、そしてフィジークのサドル)を組み換え、ロードバイクとして乗っていますが、見た目の「超エアロバイク」の印象とは違い、ロードバイクとして非常に乗りやすい特性があるとすぐに感じました。

SST1.0は非常に剛性があり、且つ、しなやかな軽さを併せ持つ、まさにクリテリウムに最適な乗り味でしたが、Talonは立ち上がりや上り坂においてSST1.0のような弾ける乗り味はありませんが、時速40KMあたりの高速域における高速巡航性能の高さを明らかに体感することが出来ました。

Talonの前トライアングルの構造がワンピースのモノコックで製造されているからだと思いますが、フレーム全体の一体感を感じる乗り心地です。従い、ダウンチューブやシートチューブ、リアーステーなど、独自のパートにそれぞれの特色を持たせてトータルバランスの良いフレームの設計を目指すと言うコンセプトではなく、明らかに、フレーム自体に特色を持たせるというコンセプトが乗り手に伝わってくる感じです。そのコンセプトがまさに「エアロバイク」だと言う点だと認識できます。

Kestrel USのホームページにもエアロ効果のデータが掲載されているように、エアロのコンセプトを突き詰めた、新しいタイプのバイクフレームだと言えます。http://www.kestrelbicycles.com/Road/Talon-Road--Ultegra.aspx

Talonは700Kと800Kのカーボン素材を組み合わせ、快適性を狙った作りになっているようですが、フレームの剛性は十分に高いレベルにあります。300KWのパワーで踏み続けてもしっかりと推進力につながります。また、800KWのパワーをかけてもがいてもフレーム自体はまったくよじれる感覚がありません。エリートライダーが使うに値する性能をTalonは持ち合わせていることを認識しました。

現在、Talonをロードバイクとして使用していますが、ハンドル周りを変更するだけで、ポジションの出せるTTバイクにチェンジできますので、バイク1台でロードレースやTT及びトライアスロンに出場するアスリートにとっては使い勝手の良いフレームであると言えます。

個人的には重いギアを踏むタイプなので、Talonの性能は自分の脚質にあっているような気がしています。一度、ハンドル周りをチェンジしてTT仕様にし、ミドルもしくはロングのトライアスロンレースで使ってみたいと考えています。
[ 2012/03/23 12:27 ] ケストレルユーザーの声 | TB(0) | CM(0)