スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4000 シリーズ

 
ケストレルのトップモデルとなるのが、4000 シリーズである。
シマノ Di2専用のLIMITED EDITIONとワイヤー引き用のPRO SLの2モデル展開。

このモデルは、ケストレルのアイデンテティ、シートチューブレスフレームであるエアフォイルから進化していて、
UCIの規定に違反しないようシートチューブを新設している。

ブレーキ位置は、風洞実験など数々のテストを繰り返した結果、空気がスムーズに前から後へ流れるには、
フロントはフォークの前にリアはBBハンガー下がベストポジションとなった。

シートチューブとチェーンステーは、フレームに沿うように変形している為、車体を前から見ると
フレームが中心部へ寄るエアロ形状が確認できる。

2010年にジロ・デ・イタリアでFOOTON SERVETTOチームがテストライドを行い、2011年度ではGEOX TMCチームが
ブエルタ・エ・スパーニャで実戦においてデニス・メンショフなどTTステージで活躍し、チームの総合優勝に貢献したのは
記憶に新しい。

2011年IRONMAN HAWAIIでは、アンディ・ポッツがスイムではトップで上がり粘り強い走りで総合17位と健闘した。




2012年度は、国内レースでは最大の宮古島大会を皮切りに、この4000を初めケストレル バイクがレースを席巻する日も近いか・・・!?

スポンサーサイト
[ 2011/12/27 15:36 ] 商品紹介、インプレ | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。