FC2ブログ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平松 弘道選手レース参戦報告 8/31(土)アイアンマン・ジャパン北海道

8/31(土)アイアンマン・ジャパン北海道にレース参戦した平松 弘道選手のレースレポートをご紹介します。
IMジャパン 平松選手


レース報告書(SUNNY FISH 平松弘道)

大会名:アイアンマンジャパン北海道大会
開催地:北海道洞爺湖市ほか
日時:2013年8月31日(土) 
天候:曇りのち雨
レース距離:SWIM3.8km BIKE 180.2km RUN 42.2km   
使用機材:SWANS(スイムゴーグル)
     MAYSTORM(ウエットスーツ)
     KESTREL 4000ltd Di2 11speed(バイクフレーム+コンポ)
     PROFILE DESIGHN Legra(ステム)
     PROFILE DESIGHN T2+ (DHバー)
PROFILE DESIGHN ZERO SVET(ベースバー)
PROFILE DESIGHN Aero Drink system(ボトル)
     Panaracer AEGIS(タイヤ前輪)
     Panaracer RACE TypeC(タイヤ後輪)
     LAS クロノメトロ(ヘルメット)
     ASICS(ターサージャパン)
     SUNNTO t6d(スポーツウォッチ)
     SWANS(バイク サングラス)
     SWANS(ラン サングラス)
補給:Shots energy gel *バイク16個
   Electrolyte Tablet 2.5タブ*750ml*3本
メカニックサポート:MATSTORM
トレーナー:金子泰久(東医研) 

大会結果:優勝 マーティン・ジェンセン(DEN) 8:47:53
     2位 ピーター・バブロスク(CZE) 9:19:52
     3位 戸原 開人(湘南ベルマーレ) 9:27:30
     10位 平松 弘道(SUNNY FISH) 9:44:36
* 記録上はFinish扱いですが、参考記録として捉えています。
* プロのランキング、賞金なしの事実上失格扱いとなっています。




<大会目標>
4月宮古島大会をリタイヤして以降、体調を崩して練習がままならない時期が続いた。6月のアイアンマン70.3常滑でも十分な状態でレースをした。その後、ハワイ出場を目指してのアイアンマンレースに出場することはできず、リカバリーに専念。残念ながら2013年ハワイ出場の大目標は達成できなかった。7月前半をリカバリーにあて、2014年ハワイのポイントレースの第一戦となる、アイアンマンジャパン北海道大会に向けて準備をした。目標は日本を代表するロングの選手として認められる力強いレースをすること。3位かつ日本人1位を目指す。

<SWIM3.8km 45:59(04)>
スタートは水深が腰の位置にくる場所に何となく集まってスタート。特にスタート場所の指示はなく、全員が戸惑いながらスタートした。いつスタートとなっても不利にならないように半歩前にポジションをとっていたので、すぐに抜け出すことができた。前評判通り、デンマークのジェンセン選手が力強い泳ぎで引き離される。先の長いアイアンマン、後続から来るであろう他の外国人選手を待ちながら2番手で泳ぐ。メイストームで新調したウエットはとても調子がいい。淡水なので、浮力も絶妙でプールと同じような感覚だ。泳ぎやすい。泳力の似ている桑原選手が並泳してきたので、あわせて泳ぐ。前のジェンセンはもう視界にいない。とてもリラックスして楽に泳いでいる。しかし、ブイが小さく進路に迷いが出てしまった。立ち泳ぎしながら進路を確認する間に、益田選手、菅沼選手に追いつかれ、そして抜かれた。立ち泳ぎをしても進路が定まらなかったため、彼らを追いかけることにした。1周回目上陸時に彼らに追いつくことができた。その後は、彼らを引き離すことができずにスイムアップ。
スイムアップしてT1に入る手前で審判団にペナルティボックスに入るよう指示された。どうやらショートカットしたという事実を告げられるが、再度の泳ぎ直しは認められず、ただ4分間待機。4選手ともいろいろ抗議したいことがあったが、レース後、上訴できるから、と皆にも言い聞かせて、再スタート。

<BIKE 90km 5:35:24(32)>
走り出してすぐにバイクの異変に気がつく。ギア変速ができない。湖畔沿いのフラットコースは25kmのみ、すぐに雄大なアップダウンの続くコースへと変わる。雨による漏電かと青ざめた。移動メカを見つけて立ち止まり、バッテリーをチェック。再度入れ直すと無事に変速できて胸を撫で下ろす。そんなトラブルのおかげか、すっかり心拍も落ち着いて気持ちよく走る。今回は心拍150でランまで走り切る予定だ。IMNZではバイク155で走りきったがランで低下し、タイムも失速した。全体を通してアイアンマンを攻略するのだ。湖畔を越えてすぐの長い坂でも、無理をせずに、淡々とケイデンスと心拍を維持する走り。特にきつい閾値ではないので、気持ちも楽だ。補給と給水、そして状況理解をしながら進む。どうやら4分のペナルティでも大分、有利な状況でレースをしているようだ。追加ペナルティの可能性はあるなと思いながらも、失格にはならずに済んだことを安心しながら進む。事前にコースを2回走っているおかげで、距離感覚があってペースメイクがしやすい。90km地点で2時間46分。序盤のトラブルを入れても、やや遅いか?しかし、心拍は149と悪くないので、心拍を信じて飛ばさないように後半も走った。終盤に、エイジの久保野選手に追いつかれて非常に焦る。しかし、力強い走りで、冷静に強いなと思いマイペースを貫く。再度、湖畔に向かう下り坂で韓国のプロ、パク選手に抜かれた。いったい自分はどの位置なのか、バイクでの走りは良かったのか、悪かったのか? 5時間34分、ほぼイーブンペースにて期待の不安をもってT2到着。今回は全ての補給をショッツにし、ジェル16個を20分おきに摂取。給水も、エレクトロライトタブを溶かしたドリンクのみで乗り切った。全く内蔵に違和感もなく、ランに向けて準備万端といったところだ。

<RUN42.2km 3:15:52(14)>
すぐにペナルティの掲示を見るが、自分のゼッケンナンバーはない。ほっとしながらランスタート。ランでも、ショッツ9個と、エレクトロライトショッツのドリンクだけで乗り切る作戦。補給ベルトを巻くと、なんと背中にショッツをいれたフラスクが入らない。何回もフラスクを落としてしまい、作戦を変更した。補給ベルトは捨てて補給ベルトからフラスクだけを手にもって走る。ショッツフラスクは背中ポケットと脚ポケットだ。エイド手前でエレクトロライトタブで作った高濃縮ドリンクを口に含んでは、水だけをもらい、チェイサーして飲む。涼しく雨が降り出したこともあって、この作戦で水分は確保できそうだ。走り出すと前をいく日本人プロたちとの差も10分以内の差である。バイクは良くもなかったが、悪くもなかった。足取りは軽い。やはりケストレルのフレームはランに足が残ると思う。キロ4分10秒で淡々と進む。キロ4分で行きたいところだが、足底筋膜炎が長引き、走り込みはしていない。後半のスタミナには自信がなかった。途中でトイレを挟んでハーフが1時間29分。いいペースだが、周りも走れている。涼しい気温が補給ミスや脱水失速を防いでいると思われる。後半勝負だが、いつも失速する選手たちもまだ元気で焦る。30kmすぎて、戸原選手が3位を快走していて、厳しい差。しかし、4-6位の益田、菅沼、パク選手との差は現実的。35km以降、何が起こるかわからない、そう信じて自分をプッシュする。ショッツのお陰でパワー不足は感じられない。気持ち悪さもない。そして40kmでついに菅沼選手をとらえた。するとT1付近でふいに菅沼選手が視界から消えた。賞金圏内のプロ6位でフィニッシュ。フィニッシュ後すぐに追加ペナルティ4分と宣告を受ける。菅沼選手はランの最中にペナルティ4分の宣告を受けて待機したらしい。

<反省>
レース後は、アイアンマンを失速することなく走りきった満足感と、他日本人プロと真剣勝負をやりきった充実感と安堵感があった。しかし、すぐにそれは、疑問や、怒り、困惑といった感情でごちゃまぜになった。スイムショートカットに対する審判の判断について選手はもちろん、多くの関係者が混乱した。事実確認と、レース後の上訴をふまえ、当日夜に大会審判長と大会主催者が下した判定は、タイムペナルティ8分で順位は確定。ただし、賞金とプロランキングの獲得は認めらない。というものだった。私を含め、当該選手であった3、4、6、7位のプロ選手はこれを受け入れた。コースを間違えてしまった以上、何を言う権利もないと思う。2014年のポイントレースを高ポイント獲得でスタートするどころか、ゼロ発進になってしまった。ただ、今回のアイアンマンレースでは大きな収穫があった。課題である全体を通しての補給とペースマネジメントがうまくいったことだ。もう少しバイクは強度をあげて、結果、ランのパフォーマンスを落としてしまっても
全体のタイムは良くなりそうだ。また、月1回ではあるが、チームで行っているメンタルトレーニングの成果もあったと思う。混乱の中、心惑わず、自分のできるその瞬間のベストを尽くすことができていた。次の大会は10月にショート日本選手権をはさんで、11月の70.3台湾。しっかりとリカバリーをし、足底筋膜炎を完治させて準備したいと思う。
最後に、この場をお借りして、コースミスに伴う混乱と、ご迷惑をおかけてしてしまったことを、大会関係者にお詫び申し上げます。また、応援、サポートしていただいたスポンサー、サニーフィッシュ会員の皆様、そして補給アドバイスをしてくださったショッツエナジージェルの皆様、メカニックをしていただいたメイストーム、体のケアをしていただいた東医研にお礼をお申し上げます。
[ 2013/09/19 16:54 ] レースレポート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kestrelbikes.blog.fc2.com/tb.php/113-7eced11e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。