FC2ブログ




新たにTALON コンプリートバイクが登場!

TALON シリーズに新たにコンプリートバイクが登場しました。

モデル名:TALON ROAD
カラー:Carbon/Blue
サイズ:48cm,52cm,55cm,55cm
本体価格税抜¥220,000

KESTREL02.jpg


シート角度が72度~78度まで調整できることで、サドルポジションの幅広い設定が可能となり、ローディーからトライアスリートまで幅広い層のアスリートがターゲットに。

ケストレル独自の700Kと800Kのブレンドカーボンが振動吸収性と剛性のバランスを生み出し、安定した走行が乗り手の欲求を満たしてくれる。

フレームカラーのマットブラックと深みのあるブルーに、モノトーン基調のパーツ構成が重厚な趣を醸し出している。

2013年度モデルのTALON ROAD Matteblack(本体価格税抜¥230,000)より¥10,000お買い得となっています。
(こちらのMatteblackカラーの入荷は、3月予定)

詳細データは、KESTREL公式WEBサイトのPRODUCTSでご覧ください。

[ 2013/01/18 22:49 ] 商品紹介、インプレ | TB(0) | CM(0)

RT-1000 入荷

KESTRELのロードバイク RT-1000 シリーズが入荷しました。
ヘッドチューブを長くし、ケストレル唯一のスローピング形状。ラウンドしたシートステーが振動吸収性に優れる。


RT-1000 SL フレームセット⇒詳細
税込価格¥273,000
専用シートポスト付き。
「SL」は、SUPER LIGHTの意でケストレルの最高級カーボン800Kを使用し、より軽量化を図り、速さと快適性を追求。

RT1000+SLフレーム_convert_20120131230238

RT-1000 105 完成車⇒詳細
税込価格¥336,000
700K/800Kカーボン素材を適材適所に配置し、ライダーのストレスを軽減し。
エンデュアランスなどの長距離走行でも疲れを感じにくい。
RT1000 105_convert_20120131230702








[ 2012/01/31 23:01 ] 商品紹介、インプレ | TB(0) | CM(0)

AIRFOIL(エアフォイル)

オープントライアングル、シートチューブレス、たてパイプ無きバイク。

ケストレルと言えば、シートチューブがないこのモデルを思い浮かべる人は少なくないでしょう。

コナウィンドが吹き荒れるトライアスロンの聖地ハワイ。
IRONMAN HAWAIIで勝つためのバイクとして、空気抵抗を軽減するために開発された画期的なバイク。

1992年に500SCIというモデル名でデビュー。
この年、IRONMAN HAWAII 世界選手権にてKESTRELがバイクの使用率で見事トップを飾った。

KESTREL 「チョウゲンボウ」というハヤブサは、TTバイクの世界を席巻し、AIRFOIL「翼」となって今もこの世に君臨し羽ばたき続ける。


[ 2012/01/17 21:53 ] 商品紹介、インプレ | TB(0) | CM(0)

4000 シリーズ

 
ケストレルのトップモデルとなるのが、4000 シリーズである。
シマノ Di2専用のLIMITED EDITIONとワイヤー引き用のPRO SLの2モデル展開。

このモデルは、ケストレルのアイデンテティ、シートチューブレスフレームであるエアフォイルから進化していて、
UCIの規定に違反しないようシートチューブを新設している。

ブレーキ位置は、風洞実験など数々のテストを繰り返した結果、空気がスムーズに前から後へ流れるには、
フロントはフォークの前にリアはBBハンガー下がベストポジションとなった。

シートチューブとチェーンステーは、フレームに沿うように変形している為、車体を前から見ると
フレームが中心部へ寄るエアロ形状が確認できる。

2010年にジロ・デ・イタリアでFOOTON SERVETTOチームがテストライドを行い、2011年度ではGEOX TMCチームが
ブエルタ・エ・スパーニャで実戦においてデニス・メンショフなどTTステージで活躍し、チームの総合優勝に貢献したのは
記憶に新しい。

2011年IRONMAN HAWAIIでは、アンディ・ポッツがスイムではトップで上がり粘り強い走りで総合17位と健闘した。




2012年度は、国内レースでは最大の宮古島大会を皮切りに、この4000を初めケストレル バイクがレースを席巻する日も近いか・・・!?

[ 2011/12/27 15:36 ] 商品紹介、インプレ | TB(0) | CM(0)